迷惑メールの対処法 ≪第1回≫

2019/06/10 ブログ

メールを利用していると、いつの間にか届くようになる迷惑メール。届くだけでも迷惑ですが、うっかり添付ファイルを開いたり、誤って、或いはだまされて本文中にあるリンクをクリックしてしまうと、マルウェア感染やログイン情報の盗難など、大きな被害に遭ってしまう可能性があります。

オレオレ詐欺をはじめとした詐欺の手口は様々なものがあり、日々手法が変わっています。

これからご案内する対処法もこの後、新しい方法で始まるかもしれませんし、現在の手法がなくなるわけではありませんので、知っていることに越したことはありません。

まずは常にアンテナを張り、「注意する意識」を持っておくことが必要です。

また、自分だけでなく、会社の同僚や友人など様々な方にも迷惑をかけてしまう場合もありますので、対処できるようにしておきましょう。

 

今日から5回に分けて対処法等をご紹介していきます。

第1回は迷惑メールが届く原因についてです。

 

なぜ迷惑メールが届くのかは、主に2つの原因が考えられます。

  1. ひとつは、メールアドレスが流出している場合です。意外に多いのが、無料のサービスを利用する際に登録したメールアドレスが第三者の手に渡り、そこから迷惑メールが送信されるケースです。無料のサービスの利用規約には、「メールアドレス情報を第三者に提供することがある」と書かれていてることが多くあります。
  1. 迷惑メールの送信者がメールアドレス生成機能を使用している場合です。この機能を使ってメールアドレスの文字の組み合わせを大量に作成し、その宛先に迷惑メールを送信します。メールアドレスが存在しない場合はエラーが返ってきますので、それを削除していくことで実在するメールアドレスのリストの精度を上げていくことができます。このリストに、たまたま該当してしまうことがあります。