育て、未来を切り拓く力!!

「柔軟な思考力」を育てる

 

抱け!! 『興味関心』

「なぜ・なに」などの様々な『興味関心』が学びの出発点で、そこから「調べたり」して『知る』ことが大切!!

やってみよう!! 『試行錯誤』

知ったことから、いろいろと試したり行動して失敗を繰り返し『試行錯誤』しながら、『できた』『わかった』になることが大切!!

そして「楽しさ」を見つけること!!

知識を持つには今までのようにどんどん詰め込む方法もありますがつまらないですよね?楽しいほうがどんどん身に付いていると思いませんか?でも人によって好きや楽しいは違う場合があります。だからこそ、どうやったら好きになれるか、楽しくできるのかを自分たちで見つけることが大切!!

探究学習コースはこんな授業をしています!

学年や受講日によっても授業内容は異なりますが、以下のような授業例などの要素を取り入れ、楽しむ授業を多く取り入れ、「創造力」「情報活用能力」「表現力」「コミュニケーション力」「協働力」など様々な力を養いながら、自身の反省点やお友達の良かったことなどから不足する力が何かなどを見つけ、自分の学びに繋げることを目的としています。

 

【授業例1】

問題1

「も」が1個、

「の」が2個、

「へ」が3個あります。

これを完成させるとき、足りないものは何でしょうか?

答え:じ

この問題は子どもの頃によく書いた、「へのへのもへじ」のことを表しています。

問題2

□に入るのは?

4個ある=目

9個ある=鼻

3個ある=□

答え:舌

この問題は、動物やヒトが持つ「五感」のことを表しています。

(視覚、嗅覚、味覚、聴覚、触覚)

課題

謎解

問題1,2に似た問題を作成して、お友達とお互いに謎解きをしましょう!

問題はいくつ作成しても構いません。

教科書やインターネットなど何を使って調べても構いませんが、自分のアイデアで必ず作成してください。

まとめ

授業の中で良かった点やお友達の問題で参考になったことなどから、自分はどんな知識が必要だったか、また、それを勉強していくにはどうしたらよいかなどを記入し、次週の授業までに実施したことを提出してください。

 

【授業例2】

説明

ロボットに命令してスタートからゴールまで案内しよう。

▼はロボットの向きを表しており、ロボットは次の命令しかわかりません。

答え:以下以外にも複数あります。

回答1

回答2

課題

ロボットにできることを増やしたり、図を複雑にした問題を幾つか作成していますので、チームで考えてみましょう。

発表

各チームで作成したプログラムを発表してください。

それぞれ役割分担を決めて発表しましょう。

まとめ

授業の中で良かった点やお友達の発表で参考になったことなどから、自分はどんな知識が必要だったか、また、それを勉強していくにはどうしたらよいかなどを記入し、次週の授業までに実施したことを提出してください。

 

【授業例3】

課題

今度の日曜日、家族と友達家族でディズニーランドへ行くので予定表をチームで組み立てましょう。

何を使って調べても構いません。

発表

各チームで作成した予定表を発表してください。

それぞれ役割分担を決めて発表しましょう。

講評

生徒や講師を交えて、各チームの発表について意見を出し合います。

まとめ

授業の中で良かった点やお友達の発表で参考になったことなどから、自分はどんな知識が必要だったか、また、それを勉強していくにはどうしたらよいかなどを記入し、次週の授業までに実施したことを提出してください。